効果のある自毛植毛について

自毛植毛とは、髪の毛が生えている後頭部などから、毛と一緒に皮膚ごと採取して髪が少なくなっている部位や脱毛した部位に移植する薄毛の治療です。

一度自毛植毛をすると自分の毛として生え続け、色や生え際もたいへんナチュラルな仕上がりになります。

自分の皮膚なので拒絶反応がなくすぐに馴染みます。人工毛では移植の定着率は低く、術後1年程度で多くの移植毛が抜け落ちてしまうのに対して、自毛植毛は高い確率で定着します。

効果が確かなのが自家植毛の大きなメリットで、個人差がなく誰でも高い確率で薄毛を改善することが可能な方法です。

自毛植毛の方法の情報を求める人におすすめのサイトです。

自分の髪の毛ですので、お手入れも簡単で普通にシャンプーするだけですのでメンテナンスの必要がありません。

Yahoo!知恵袋に関する耳より情報です。

育毛剤や薬などを定期的に使用することがなくなるので、費用の面でも大いに助かります。


しかし良いことばかりではなくデメリットもあります。自毛植毛は現在残っている自分の髪の毛を移植するので、移植できる量には限度があることと、一度の手術で密度の高い植毛を行うことが難しいので手術を何度も行う必要があります。



そのため、頭皮には髪を採取する際についてしまう傷が跡として残ることがあります。

髪型を極端に短くしなければ分かることはありませんが、加齢により髪の毛が薄くなると目立つようになるかも知れません。

また、保険がきかない自費診療の外科手術のために費用が高くなります。


薄毛を改善する効果の高い自毛植毛を希望する方は、このようにメリットもデメリットもあるので、それぞれをよく理解し医師としっかり相談して手術を受けるようにしましょう。

MENU