通販による化粧品の販売

通販による化粧品の販売は、近年急速に売上高を伸ばしています。モバイル(パソコン)を介した通信販売、スマートフォンを介した通信販売、テレビを介した通信販売、紙媒体を介した通信販売などがありますが、モバイル端末の高速化や低価格化、スマートフォンの急速な普及により、ネットを介したものが特に伸びています。


また、各企業がウェブ販売専門部署を立ち上げソーシャルメディアの活用を促進している事や、通販会社による新規参入も売り上げの伸長に影響しています。

ただし、販売を行う業者は薬事法上の製造販売承認を取得する必要があります。

女性の通販が話題になっています。

顧客側としては、国内品だけでなく海外の入手困難な化粧品も簡単に購入でき、また非常の多くの種類のものから気になったものを、性能や価格を時間を問わず比較検討し、宅配便等で非常に早く自宅まで配達してもらえるメリットがあります。

Yahoo!知恵袋を調べるならこのサイトです。

さらにネットではクチコミ情報も豊富であり、使用前に他人が使用した際の感想を見ることができ、購入の際の参考となりることや、店舗を持たずに販売されることから、店舗で購入するより安く購入することもできます。
ただ、官能的なもの(においや使用感等)については店頭で購入する際は確認できますが、通信販売では確認できないところが問題となります。



以上のように若干のデメリットはあるものの、購入の手軽さ等により、今後も化粧品の通販、特にネットを介した通販は今後も大きく成長していくものと思われます。